本文へスキップ

 

TEL. 03-3911-8181(代)

〒123-0865 東京都足立区新田2−6−13

会社情報COMPANY

 ご挨拶

   
オンリーワンを東京から

 私共は、昭和16年当地にて溶剤を生産するメーカーとして創業致しました。戦後、塩化ビニール樹脂の発展と共に、その柔軟性に必要不可欠な添加剤、可塑剤の生産を開始し、その発展に寄与してまいりました。

 また、戦後の復興におけるインフラ整備の一環として、いち早くポリエチレン樹脂を採用した給水用配管資材、ポリエチレンパイプ「ヤサカポリパー」の製造、販売に着手し、国内では最古の歴史を持っております。パイプに接続する継手においても、これまでの熱間継手にかわる、業界最初の画期的な冷間工法式継手、「YTジョイント」を開発し、ポリエチレンパイプと共に、多くの自治体にご好評をいただき、工事業者様にご愛用していただいております。

 私共は、メーカーとして第一に、最良品質の製品を、速やかにお届けする信頼を約束します。そして、地の利を生かしたフットワークと、大手ではできない細かいニーズにも柔軟に対応し、今後も社会に貢献して参りたいと思っております。

 弥栄化学工業株式会社
 代表取締役社長 橋 秀典


 会社概要

社名
彌榮化學工業株式会社
設立
昭和16年11月26日
資本金
1億6千5百萬円
本社・工場 所在地
〒123-0865
東京都足立区新田2丁目6番13号
→アクセス
TEL. 03-3911-8181(代)
FAX. 03-3914-0279
代表者
代表取締役社長 高橋 秀典
事業内容
可塑剤 B.P.B.G (ブチルフタリルブチルグリコレート)    ポリエチレンパイプ (水道用、土木用、農業用水用)
YTジョイント (管継手)                     これらの製造および販売


 沿革

昭和16年11月
東京市足立区南鹿浜町(当地・現在の東京都足立区新田)にて創業
溶剤の生産を開始
昭和23年
可塑剤 DBP の生産を開始
昭和26年
可塑剤 BPBG の生産を開始
昭和27年
可塑剤 DOP の生産を開始
昭和30年
可塑剤 DOA の生産を開始
昭和31年
ポリエチレンパイプ「ヤサカポリパー」の製造販売を開始
昭和33年
日本工業規格表示許可工場認可(JIS K 6761)
昭和38年
日本工業規格表示許可工場認可(JIS K 6762)
昭和42年
業界初の冷間工法式継手「YTジョイント」の製造販売を開始
昭和55年
水道用ポリエチレンパイプの二層管を開発・製造を開始
  当時の新聞に当社開発時の記事が掲載されました。→こちらクリック
平成9年
給水用具(継手類)の認証取得 (砲金製YTジョイント)
平成15年
砲金製YTジョイントの厚生省令改正に伴う新水質基準(鉛除去)対策を 完了
平成20年
工業標準化法改正に伴う JISマーク表示制度の認証取得
JIS K 6761 並びに JIS K 6762












バナースペース

弥栄化学工業株式会社

〒123-0865
東京都足立区新田2−6−13

TEL 03-3911-8181(代)
FAX 03-3914-0279